QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
コスギ ユウシ
コスギ ユウシ
店長情報 › ささやかな贈り物 › さよならの太陽雨

2020年09月15日

さよならの太陽雨

窓の外はニレの木が陰になっているが,風は少しもなく,突然何羽かのスズメが翼を扇いで,木のこずえをかすめた。

全身黒い羽のスズメが木陰に止まって、くちばしで地面に落ちた楡銭を軽くつついていた。

それは自由で、これは自然に与えられた自由です。

私は私の自由を思います。

时間が戻って、それはあなたに別れを告げた午后です。

あの突然の太陽の雨は、私とあなたの最も美しい別れです。

あの日、あなたに别れた后、夕日の中で、私は长い间広场に立っていました。

この蔵いっぱいの思い出の広場ですね!私はもうすぐ离れます。また离れます。

この小城を离れて、この私达の爛漫な青娥の高校の时間を覚えている小城。

私は新疆に行きます。遠い荒廃した辺塞と言われています。

前の道が分からないので、丁寧にお別れしたいと思います。

前回ここを出たのは、上海へ本を読みに行きました。

あの時私はあなたに別れを告げなかったので,考えなかったのではなく,とても考えていました。

あなたと别のシーンを想像して、すべてあなたに别れを告げる言叶を想像して、しかし私は勇気がなくて、私はさよならを言って、二度と会わないことを恐れています……
さよならの太陽雨
結局私は黙って別れた。

私は誰にも別れを告げなかった。

あなたはきっと知らないで、私はどうして新疆に行くことを選んだのですか。

誰も知らない。

誰も知らない、私自身を除いて。

私はこの町を爱して、私の家族、友达を爱していますが、私はまだ离れます。

私はかつて魔都の灯红酒绿纸酔金迷に梦中になったことがあって、私はかつてあなたに対する执着のために、魔都のよく知らない孤独の沈黙のために二日酔いになったことがあって、私はいかなる他の人あるいは感情が私のあなたに対する执着を邪魔したくなくて、私达の感情

私は孤独になると思います。私はきっと孤独になると思います。

あなたはきっと知らないでしょう。私は町を離れることを顧みることなく、西へ向かう決心があなたとの決断から来たのです。

それらの幻想の崩壊、それらの思い出の空気は私を窒息させます。

私は行かなければなりません。

恨んでいますが、恨めません。


Posted by コスギ ユウシ at 17:57│Comments(1)
この記事へのコメント
口コミで高評価 安全なサイト:
www.1kopi.com/
Posted by 荒川 at 2020年09月25日 17:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。